ハローワークのメリットとデメリット

仕事探しをするときに、まず思いつくのは、ハローワークですよね。

 

昔、母親が「職安に行ってきたんだけどね…」と話したりするのを聞いたことがありましたが、“ハローワーク”という響きが何だかその頃より明るく感じますよね。

 

でも、世の中は、今一つの景気で、仕事はあるけれど、時給が安かったりすることもあるし、高いとハードすぎて生活が安定しない、という傾向はあるみたいです。

 

そんな中、看護師の仕事は求人も多く、時給も一般事務や営業に比べると専門職だけあって、良いですよね。

 

ハローワークのメリットは、国が関与しているので、何か困ったことになっても、うまく相談できます。

 

求人を出す雇用側も登録が無料なので、会社組織の大きさ、経営力に関係なく、求人を出せます。

 

今は家庭のパソコンでも求人情報を見ることが出来るくらい便利になっています。

 

デメリットは、多くの職種を扱うので、看護師の仕事に詳しい人があまりいない、ということです。

 

担当者がやっつけ仕事みたいな感じでやっていて、対応今一つ、こちらの気持ちは全く理解してくれない、というケースもあるみたいです。

 

また、看護師といっても、様々な職場と働き方があって、夜勤専従など専門的な勤務の求人は少なく、この場合は、看護師求人情報サービスの方が断然良いみたいですよ。

 

どんなことにもメリット、デメリットはありますから、うまく利用していくことが大事ですよね。

 

自分も希望をまとめて、分かりやすく伝え、お互いに意見交換しながら、良い職場が見つかると、雇用側も嬉しいことだし、働く自分も納得しての職場なので、気持ちよくスタート出来ますよね。

 

職場でうまくいかないから転職しよう、と思った時は、また同じようなことになっちゃうんじゃないか、という不安が大きくなるものですが、そのような時も専門のアドバイザーの意見などを聞くことで、より良い仕事探しが出来るように思います。