夜勤専従看護師の成功例

夜勤の仕事というと、大変、キツい、生活のリズムが崩れるなど、マイナスのイメージが強く、
プラスのイメージを持っている方は少ないのではないでしょうか?
しかし、夜勤の仕事も、職場選びさえ慎重に行えば、メリットが沢山ある働き方なんですよ。

 

私は独身看護師ですが、看護師として働き始めた時から夜勤のほうが好きでした。
朝ゆっくりできる事、平日にプライベートの時間が取れる事が、当初の理由でした。
そして、実際に夜勤で働いてみると、少ない日数でも稼ぐ事が出来る事がわかりましたね。
現在は夜勤専従で働いています。
以前は、日勤と夜勤がある常勤で働いていたので、不規則な生活でした。
しかし、夜勤専従で働くようになってからは、夜間とはいえ勤務時間が同じなので、生活のリズムは整っています。

 

以外かもしれませんが、夜勤専従は、ママさんナースやシングルマザーが沢山働いているんですよ、
私の働いている病院は、育児環境が整っていて、24時間の院内保育園が設置されています。
その為、子供の預け先に悩む事なく、仕事に専念できるので、皆さん効率良く稼ぐ事ができる夜勤専従を選択していますね。

 

日中に子供と過ごす事が出来るので、ママさんナースやシングルマザーにとっては、ピッタリのようです。
子育てに理解がある職場というのは、育児を抱えている看護師が沢山働いていますから、
子供の都合で休みたい時にも協力し合う事ができて、とても心強いようです。

 

ほとんどの方が、看護師の求人サイトに登録して、子育て環境が整った働きやすい職場を紹介してもらっています。
コンサルタントさんのアドバイスを貰いながら、無理なく働ける職場を選んでいます。
子育てと仕事の両立を考えている方、夜勤専従の仕事はお勧めですよ。